中学生の塾選びのコツ

塾・予備校検索サイトNo.1 年間
2,260万人
利用

0

中学生の塾選びのコツ

中学生の塾ってどう選べばいいんだろう?

中学生の塾選び

学校の勉強が一気に難しくなり、塾に通うお子様が多くなる中学生。しかし、情報を十分に集めないまま塾を選ぶと、雰囲気が合わない、思ったよりも成績が上がらないなどたくさんの問題が起きてしまう恐れがあります。
当ページでは中学生の塾を選ぶ際に知っておくべき情報を「塾選びのコツ」として紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

もくじ

1.中学生の通塾の必要性

中学生って本当に塾に通う必要があるの?

学校の勉強が難しくなる上に、部活などで忙しくなる
中学生にとって、塾に通うメリットはとても大きく、
通塾の必要性は高いです。

1.受験生じゃなくても塾に行くべき? 中学3年生になったら高校受験のために行くものというイメージのある学習塾。しかし、受験直前以外でも塾に行くことには2つのメリットがります。

①学校の成績アップ 高校受験では、内申点が重視されることが多いため、良い成績を維持することがとても大切です。また、中高一貫校に通っており、高校受験をしない場合も、大学受験のことを考えると、中学の間にしっかりと勉強しておくことがとても大切です。
しかし、中学生にもなると、覚えることや、難しい単元も増え成績がなかなか上がらないお子様も多くなっていきます。
学習塾では生徒それぞれの学習スピードに合わせて、勉強のやり方から教えてくれるので、学校の勉強だけでは成績が上がらなかったお子様も成績をアップさせることができます。

②勉強をするようになる 中学生になると、部活などで忙しく、勉強の優先順位が下がってしまうため、まったく勉強をしなくなったり、テスト前だけ勉強したりするお子様がとても多くなります。
そのため、強制的に学習時間を確保できる学習塾に通い、勉強習慣をつけることが大切です。
また、塾では勉強を頑張る友達や、熱心に指導してくれる先生がいるので、勉強のやる気が全くなかったお子様でも、モチベーションが上がり、自主的に勉強するようになることがあります。

2.高校受験に塾は必須? 多くの中学生が経験することになる高校受験、志望校に合格するためには、塾に通うことがほぼ必須であると言えます。その理由は大きく2つあります。

①受験対策がしっかりできる 高校受験の問題は、学校のテストに比べ範囲が広く、応用力も問われるものになっています。
そのため、たとえ学校での成績が良い場合でも、上位の公立高校や、難関国私立に入ることはとても難しいです。
学習塾では、応用的な問題の演習や、難関国私立高校対策などの授業があるので、学校の勉強ではできない、しっかりとした受験対策ができます。

②志望校に関する情報がある 同じ高校受験といっても、学校や地域によって入試問題の傾向はそれぞれです。また、入試形態やルールが変化する場合も多く、ご家庭や学校から得られる情報では、情報が不十分になってしまう可能性が大きいです。
一方、塾は、高校受験対策のために情報を集め、高校受験に関する最新かつ十分な情報を持っていることが多いため、情報集めに困ることがないというメリットがあります。

2.中学生の通塾率・塾に通い始める時期

中学生の通塾率はどれくらい?
皆いつから通い始めているの?

中学生の通塾率はとても高く、どの学年も50%越えです。
遅くても2年の2月からの通塾をお勧めします。

1.中学生の通塾率 大半の生徒が塾に通っているイメージのある中学生、実際データにすると、通塾率はどれくらいなのでしょうか。以下の表にまとめてみました。

公立中学生

学年 通塾率
中1 57.9%
中2 67.8%
中3 80.4%

私立中学生

学年 通塾率
中1 52.8%
中2 55.4%
中3 56.2%

出典:文部科学省「子どもの学習費調査 平成28年度」

公立中学は、私立中学に比べて通塾率がとても高く、特に中学3年生は8割以上の生徒が通塾をしています。
その理由としては、一般的に公立中学は中高一貫校ではないため、高校受験対策として塾に通う必要性が高いことが挙げられ、高校受験における通塾の重要性の高さがうかがえます。

また、私立中学でもどの学年も半数以上の生徒が塾に通っています。私立中学では、早めの大学受験対策や、学校の定期テスト対策のために通塾する人が多いようです。

2.中学生が塾に通いはじめる時期 中学校の勉強が小学校の勉強よりも格段に難しいことや、高校受験では内申点が重視されることを考慮すると、なるべく早い時期から塾に通わせることが重要です。遅くても、高校受験対策講座が開設する中2の2~3月ごろから通塾させることが必須です。

3.中学生の塾選びのポイント

どうやって塾を選べばいいの?

授業形式、費用を考えて選択することが大切です。

中学生の塾を選ぶ際に一番大事にするべきポイントは、授業形式、費用です。

1.授業形式 高校受験のための塾の授業形式は主に二つ、個別指導塾と集団塾があります。以下では、学力別にどちらの授業形式が相性が良いのかをご紹介します。

①学校の成績が低い場合 学校の成績が低いお子様は、昔の授業の内容から理解ができていない場合が多いため、その子がどこから理解していないのか判別し、基礎からやり直す必要があります。
そのためには、集団塾ではなく、先生が1対1や1対2でついてくれる個別指導の塾を選択し、お子様に合わせた授業内容とスピードでわからないことを一つずつしっかり理解させていくことが大切です。

②学校の成績が平均前後の場合 学校の成績が平均前後のお子様は、個別指導塾、集団塾どちらも選択肢に入ります。どちらの塾が本当に適しているのかは、以下のような特徴で分けることができます。
・勉強習慣があるが、なかなか成績が上がらない
そのようなお子様は勉強のやり方を一から教えてくれる個別指導塾がおすすめです。
・学校の成績は悪くないが、勉強習慣がない
そのようなお子様は周りの生徒と切磋琢磨できる集団塾がおすすめです。

③学校の成績が上位の場合 学校の成績が上位の場合、上位の高校向けコースを開設している塾をお勧めします。
上位のコースに所属することで、レベルの高い周りの生徒と切磋琢磨しながら応用的な内容の勉強ができ、学校の勉強に飽きてしまっているようなお子様でも、モチベーションが高いまま勉強ができます。

2.費用 費用や月謝については、どの授業形式を選択するか、週何回通うか、何教科勉強するかなど通い方によって異なります。気になる塾がみつかったら資料請求や問い合わせをすることで、詳しい費用を知ることができます。また、複数の塾を比べることも大切です。

すべての人に、人生を豊かにする教育を

Copyright ©塾ナビ All Rights Reserved.
このサイトは、個人情報の取り扱いが適切であると第三者機関に認定されています。