家庭教師ランキングプロ家庭教師部門 2021

年間2,350万人利用 塾・予備校検索サイトNo.1

プロ家庭教師ランキング 2021

小・中・高対応

2021

都道府県別にランキングを見る

≪アイコンの説明≫

■対象学年

幼児
小学生
中学生
高校生
浪人生

■授業形式

集団指導
複数人で同時に受ける授業
個別指導
個別で受ける少人数授業
家庭教師
教師が自宅を訪問しての授業
通信・ネット
通信教育・ネット学習(通信添削、PC、タブレット、スマホアプリでの自宅学習)

■特別コース

映像
映像を用いた授業
子英
子供英語に特化した授業
中受
中学受験対策の授業
公立一貫
公立中高一貫校受験対策の授業
高受
高校受験対策の授業
大受
大学受験対策の授業
医学部
医学部受験対策に特化した授業
プログラミング・ロボット
プログラミングの習得・ロボットの作成に特化した授業
理科実験
理科の実験や観察を用いた授業
自立型
自立型学習の形態でおこなわれる指導
≪注意事項≫
※一部の電話(IP電話等)からは繋がらない場合がございます。その際は携帯電話からおかけなおしください。
※対象・授業・口コミは、教室により異なる場合があります。
※上記は選択された条件に合致する塾一覧です。並び順は各塾の優劣を意味するものではございません。
の点数は投稿された口コミをもとに、5点満点で評価したものです。

その他の人気ランキングを見る

対象ごとに家庭教師ランキングを見る

人気の家庭教師派遣会社ランキングの活用方法

プロ家庭教師とは
プロ家庭教師とは学生アルバイトとは異なり、家庭教師を職業(専業)としています。プロ家庭教師の一番の魅力はその豊富な指導実績により培った質の高い指導力と言えます。長年の指導実績があるからこそ提供できるノウハウにより、生徒を目標達成まで着実に導きます。目標となる志望校合格や成績アップのために、生徒ひとりひとりに合った最適な学習プランとカリキュラムを組むことにより、生徒がより効率的にかつスピーディに学習を進められます。

プロ家庭教師のメリット
プロ家庭教師のメリットは、マンツーマン指導により、生徒がつまずきやすいところがより明白になり、先生が生徒の理解度を常に把握することが可能になる点です。塾とは異なり、指導力の高い先生が一対一で向き合うので、授業についていけなくなることも得意な科目の授業に退屈を感じることもありません。また、プロ家庭教師は指導経験豊富な熟練者のため、学習指導に限らず、受験の相談などを含め生徒のメンタルサポートのプロでもあります。若いアルバイトの家庭教師とは異なり、親御さんも頼りに出来るでしょう。
また、プロ家庭教師の多くは各家庭教師会社による厳しい審査や認定をクリアしています。そのため、指導能力のみならず、社会的モラルはもちろん、人間性や人柄についても安心して任せることが出来ます。

プロ家庭教師の活用方法
プロ家庭教師は一対一で教えることを専門としているので、対大勢ではなく、相手に合わせた指導方法の構築に長けています。よって、単に勉強を教えるだけではなく、どういった指導が相手に合っているか、どうしたら学習習慣が身に付くか、といった初歩的なところもフォローすることが出来ます。受験対策や成績向上を目指すお子様はもちろん、まだ勉強する習慣が無く、学習スタイルを確立させたいお子様にもプロ家庭教師はオススメです。定期試験対策や偏差値アップなど一人一人の目標に合わせた明確な学習指導を行うので、見当違いな勉強をしてしまう心配がありません。また、塾や予備校と併用してプロ家庭教師の学習指導を受けることで大幅な成績アップを目指すことが出来ます。もちろん、その際は塾や予備校のカリキュラム及びテキストに合わせた授業を行います。このように、プロ家庭教師は勉強の習慣付けから受験対策まで幅広く、相手に合わせた学習指導を行うことが出来ます。
プロ家庭教師ランキングでは、地域に応じてオススメのプロ家庭教師会社を表示しています。口コミのある家庭教師会社もありますので、お住まいの地域に合わせて参考にしながらご覧ください。気になる家庭教師会社には資料請求を行い、詳しいコース内容や料金体系など比較検討してから決めることをオススメします。

利用者数No.1

口コミ数
231,821
掲載教室数
87,303

09月21日現在

はじめての方へ 塾選びのコツ

提携サイト

  • YAHOO! ロコ
  • BIGLOBE
  • LifeSupportClub
  • 福利厚生倶楽部
  • BIT St.
  • BenefitStation

家庭教師をお探しの方はこちら

すべての人に、人生を豊かにする教育を

Copyright ©塾ナビ All Rights Reserved.
このサイトは、個人情報の取り扱いが適切であると第三者機関に認定されています。
ページ上へ戻る