公立中高一貫校の受験対策

塾・予備校検索サイトNo.1 年間
1,850万人
利用

0

塾(学習塾)、予備校選びは塾ナビ!小学生・中学生・高校生のあなたにピッタリの塾(学習塾)、予備校を探せます。

公立中高一貫校の受験対策

公立中高一貫校は特殊な入試体制をとっています。中高一貫校を受ける際に、必ず知っておくべき知識を紹介します。

入試の現状

小中一貫校とは?

都内の公立中高一貫校入試実質倍率(2011年)公立中高一貫校の入学試験をご存知でしょうか。
「適性試験」という一般的な入試の形態とは異なった試験内容で入学者を選抜しています。試験問題の形式は私立中学入試とは全く異なり、独自の対策が必要です。知識だけで答えられる問題ではなく、本質を見極め、自分の頭で考えなけれ ばならない問題が多いのが特徴です。その試験でいったい何を見ているかというと、生徒の読み取る力、論理的に考える力、分析する力を見ています。こうした問題を解くためには、知識だけでなく、本質的な論理力や分析力が必要になります。都内の公立中高一貫校は、すべて自校作成問題なので対策がさらに必要になります。

公立中高一貫校の受験対策

小中一貫校とは?

公立中高一貫校の受験勉強は、小学4~5年生から始める人が多いです。なぜそんなに時間が必要かというと、適性試験は、一般的な知識を問う問題とは違うということ、②自校作成問題など、学校ごと問題の特性が異なるということがあります。これらに対応するために小学4,5年の間に基礎固めをし、小学5,6年生で問題に慣れていく必要があ ります。このような特殊な受験には塾の利用が必須です。塾ではお子様の志望校に特化したカリキュラムや教材で対応してくれるので、合格可能性もぐっとあがります。以下でお子様に合った塾選びを紹介しています。今から、塾のことを考 えはじめ、公立中高一貫校受験に備えましょう。

お子さんにあった塾の選び方

お子様とのマッチングや、目的によって学習塾の形態も変えていく必要があります。志望校に合格するため、お子様にあった塾をえらんで、中高一貫校への入学をめざしましょう。

このように集団塾と個別指導塾は、特徴が異なるために向いているお子様のタイプも異なります。 お子様がどちらに向いているのか、じっくり考えることが必要です。また、学習塾選びはお子様の将来にとっても非常に大切な選択となりますので、塾ナビの口コミや資料請求、電話問い合わせで塾に対する理解を深めた上で塾を選ぶことをおススメします。

公立中高一貫校の受験対策に強い塾を探す

その他の方法から探す

Copyright ©塾ナビ All Rights Reserved.
このサイトは、個人情報の取り扱いが適切であると第三者機関に認定されています。