個別指導塾と家庭教師の違い

年間
1,624万人
利用
塾・予備校検索サイトNo.1

0

塾(学習塾)、予備校選びは塾ナビ!小学生・中学生・高校生のあなたにピッタリの塾(学習塾)、予備校を探せます。

個別指導塾か家庭教師、あなたに適した塾はどっち?個別指導塾と家庭教師の違い

個別指導塾と家庭教師の特徴をそれぞれ挙げ、お子様が個別指導塾か家庭教師のどちらに向いているのかをタイプ別にまとめました。塾選びに役立つ情報を紹介します。

個別指導塾と家庭教師の特徴

「個別指導塾」の特徴 「家庭教師」の特徴

1.生徒の習熟度・時間に合わせてオーダーメイド式で授業を受けることができる。

1.通学時間がかからない上、時間の融通が効くので効率的である。

2.わからないところを聞きやすい。

2.「マンツーマン」で指導してもらえる。

3.生徒にあう講師を選ぶことができる。

3.保護者の目が届きやすい。

上記の表は個別指導塾・家庭教師の特徴の代表例です。

個別指導塾

完全1対1授業、教師1人対生徒2、3人など1人の教師が少人数の生徒を教える、というのが個別指導塾です。生徒の学習進度や部活動などの時間的都合に合わせてオーダーメイド式の授業を選択できます。
少人数であるために質問しやすい、教師の目が行き届きやすいというのも個別指導塾の大きな魅力です。多くの個別指導塾が無料体験授業を行っているので、お子様だけでなく保護者も個別指導塾の教室へ行って授業を体験してみましょう。また集団塾同様に、塾ナビの口コミや資料請求、電話問い合わせで個別指導塾の理解を深めましょう。

家庭教師

家庭教師の特徴は「面倒見のよさ」です。お子様のつまづいたポイントについてじっくり解説してくれるだけでなく、それぞれの学力・目標にあわせた勉強メニューを臨機応変に組み立ててくれます。ペースの早い進学塾の授業の補習として、「塾と家庭教師の併用」という選択肢も効果的でしょう。
教師が家まで来てくれるというところもポイントです。勉強する習慣の身についていないお子様の場合、塾に通うということだけでもストレスになりかねません。通学の時間もかからないため、部活や習い事で忙しいお子様でも、無理なく続けることができます。この「融通性の高さ」が、個別指導塾との最大の違いともいえるでしょう。

個別指導塾向きのお子様、家庭教師向きのお子様

「個別指導塾」の特徴 「家庭教師」の特徴

1.苦手分野の克服や、特定教科のみ学びたいなど、自分のペースで学習したい方

1.教師とのコミュニケーションにより、「やる気」を上げたい方

2.部活動や他の習い事とも両立したい方

2.自分の都合で勉強を進めたい方

3.弱点の発見から勉強のスケジュールを組みたい方

3.勉強の仕方や習慣から学びたい方

一概には言えませんが、主に上記のような傾向があるといわれています。

個別指導に向いているといわれるお子様のタイプ

授業内容・授業時間を自分の都合に合わせたいというお子様に個別指導塾は柔軟に対応することができます。
苦手分野をまず克服したい、どんどん先取り学習をしたい、部活動や他の習い事も頑張りたい、というお子様には個別指導塾は最適な環境です。
また、1人の教師が少人数の生徒を教えるという授業形式なので、お子様の学習進度や勉強に対する姿勢など、個別指導塾はあらゆる面でサポートします。そのため、自己管理が苦手なお子様には個別指導塾の授業形式が合っていると言われています。

家庭教師に向いているといわれるお子様のタイプ

勉強の仕方や習慣まで面倒を見てもらいたいお子様は家庭教師に向いているといえます。
家庭教師では、先生がお子様のペースに合わせて指導するので、本人にピッタリの学習ができます。
また通学時間がかからない上に、保護者の目が届くので安心して授業を受けることができます。
短期間に集中して学びたい科目があったり、試験対策をしたい時などにこちらの都合を聞いてくれるのも大きな魅力の1つです。
塾や学校では質問できない生徒も、信頼を築いた家庭教師には安心して質問できるでしょう。

このように個別指導塾と家庭教師は、特徴が異なるために向いているお子様のタイプも異なります。
お子様がどちらに向いているのか、じっくり考えることが必要です。
また、学習塾選びはお子様の将来にとっても非常に大切な選択となりますので、塾ナビの口コミや資料請求、電話問い合わせで塾に対する理解を深めた上で塾を選ぶことをおススメします。

個別指導塾を探す

その他の方法から探す

Copyright ©塾ナビ All Rights Reserved.
このサイトは、個人情報の取り扱いが適切であると第三者機関に認定されています。