家庭教師と集団塾の違いをポイントで解説

年間
1,624万人
利用
塾・予備校検索サイトNo.1

0

塾(学習塾)、予備校選びは塾ナビ!小学生・中学生・高校生のあなたにピッタリの塾(学習塾)、予備校を探せます。

家庭教師と集団塾、どっちが良いの?

家庭教師と集団塾、それぞれにメリット・デメリットがあります。両者を比較してみましょう。

家庭教師のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • ・1対1の指導なので、生徒のペース・性格・都合に合わせることが可能で、教師の変更も容易。
  • ・教師が生徒の自宅に訪問するので、保護者の目が届きやすいうえ、時間の融通が利くため効率的。
  • ・教師との距離が近く、コミュニケーションが取りやすいため、生徒の「やる気」が向上する。
  • ・生徒の苦手分野から指導できる。
  • ・集団塾に比べて、一般的に授業料が高い。
  • ・教師によって指導の質が異なる。

家庭教師の最大のメリットは、やはり「マンツーマン」指導であることです。学校や集団塾の授業についていけなくなっても、家庭教師ならばお子様のペースに合わせて指導してくれるので、時間いっぱい効率よく学習することができます。
子どもの理解の早さにはどうしても個人差というものがあり、科目によって得意・不得意があるのはもちろんのこと、性格や学習ペースも、それぞれが全く異なってきます。

その点、家庭教師では、教師側がそれらに合わせて指導するため、お子様にピッタリの学習が可能なのです。
また通学時間がかからない上に、時間の融通も利きやすいので、部活や他の習い事との両立も無理なくできるでしょう。特定の科目だけを短期間に集中して学びたい場合や、試験対策をしたい時などにこちらの都合を聞いてくれるのも大きな魅力の1つと言えます。

もし万が一、派遣された教師との相性や指導法が合わないと感じた時は、すぐに教師を変更することができます。
学校や集団塾では質問できないという生徒も、信頼関係を築いた家庭教師には安心して質問できるでしょう。

集団塾のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • ・合格するための独自のノウハウを持っており、テキストやカリキュラムなどがしっかりと定着している。
  • ・時には、有名講師による満足のいく指導が受けられることがある。
  • ・家庭教師に比べて、一般的に授業料が安い。
  • ・同じクラスの生徒と互いに切磋琢磨することにより、生徒の「やる気」が向上する。
  • ・通学時間がかかるうえ、時間の融通も利きにくい。
  • ・教師の数が限られているため、選択の幅が狭い。
  • ・周囲の生徒に遠慮してしまい、質問しにくい場合がある。
  • ・保護者の目が届きにくい。
  • ・生徒一人ひとりの学習レベルに合わせて指導することが出来ない。

集団塾における最大のメリットは、それぞれの塾が合格するための独自のノウハウを持っていて、既存の教材ではなく、オリジナルのテキストやカリキュラムを用いて指導していくことです。

また、塾は「受験勉強のエキスパート」なので、成績アップを狙った、レベルの高い指導を均一的に受けられます。
マンツーマン指導の家庭教師とは違い、集団塾では同じクラスにたくさんのライバルとなる生徒がいるので、お互いに切磋琢磨して、向上したその「やる気」が成績UPに繋がっていきます。

また、一般的に、家庭教師に比べて授業料が安いため、経済的と言えるでしょう。

このように、家庭教師と集団塾にはそれぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言い切れません。いずれかを選択するにしても、お子様との相性をよく理解されたうえで、お申込みされることをオススメします。 なお、家庭教師・集団塾の併用することで、両者のメリットをかけあわせ、その効果を最大限に高める方法をとる家庭も最近では増えてきているようです。

家庭教師センターを探す

その他の方法から探す

Copyright ©塾ナビ All Rights Reserved.
このサイトは、個人情報の取り扱いが適切であると第三者機関に認定されています。